iOS

iOS開発の証明書で、「証明書は信頼されていません」とキーチェーンで表示された場合の対処法

iOS開発の証明書で、「証明書は信頼されていません」とキーチェーンで表示された場合の対処法

先日新しいMacで色々開発のセットアップをしていて、Xcodeの開発で使う証明書をキーチェーンに保存したら、キャプチャのように、「〜証明書は信頼されていません」と表示されました。

mac-keychain-certificate-trust-0

これの解消になかなか時間がかかったので、備忘録として残します。

「証明書は信頼されていません」の解消方法

結論として、自分が実践した方法は、Appleのサイトから追加で証明書をダウンロードする方法です。
色々調べてみると、キーチェーン上で該当の証明書の「情報を見る」を選択して出てくる詳細画面で、「>信頼」を選択して、証明書の信頼に関する設定を「常に信頼」にするという方法も出てきたのですが、なんか危ないような気がしていて、また別のMacのキーチェーンを確認したら、そのような設定にはなっていなかったので、やめました。
上記で書いた証明書は、Appleの以下のサイトからダウンロード可能です。

このサイトで、Worldwide Developer Relations - G3 (Expiring 02/20/2030 00:00:00 UTC)をクリック(執筆時点)すると、証明書をダウンロードされ、それをキーチェーンに保存すると、「この証明書は有効です」の表示になりました🎉
正直理由まではわかっていません(もしご存知の方がいたら、教えていただけるとうれしいです)。
ただ同じようなことで困っている方がいるなら、その参考になれればと思います。
また上記のサイトの証明書の一覧と思われるページもあったので、参考として記載します。

+1

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA